中モズローンテニスクラブの概要

中モズローンテニスクラブ概要について

中モズローンテニスクラブの歩み

1937年4月
南海電鉄50周年記念事業として、中百舌鳥駅近くに22面コート新設。
中モズローンテニスクラブが発足。
1970年4月
中百舌鳥のコート立退き。
百舌鳥八幡駅の高島屋所有の芦ヶ池コート2面を借用してクラブ再開。
1972年
大阪府が府営の浜寺公園にクレーコート8面建設。
中モズローンテニスクラブの一部の会員はここで活動する。
1973年7月20日『浜寺テニス教室』を発足。
1976年
中モズローンテニスクラブは宇野謙一氏を室長に託し浜寺テニス教室の活動から退く。
浜寺テニス教室は後に『浜寺テニスクラブ』と改称して会員数100名を超える歴史あるテニスクラブとして今も継続している。
1981年9月
堺市和田東の宮山台に神田新会長を中心にクレーコート3面を建設、移転。
1994年4月
宮山台コートの地主から来年度の借地契約の更新はしない旨の契約解除通告を受ける。現理事長を中心にまたも代替地を探すべく奮闘する。
1995年4月
和泉市平井町に新コート4面完成、移転。
1997年11月
拡張工事完成。
2002年5月
2面オムニコート化
2005年4月
全面オム二コート化
2007年8月
中モズローンテニスクラブ『創立70周年記念誌』発行
創立70周年に発行された記念誌の表紙
2017年11月
中モズローンテニスクラブ創立80周年記念式典開催
著作権